多くの国民の皆様が患う生活習慣病の代表に骨盤歪みで生じる腰・臀部・下肢の痛みがあげられます。

今、このサイトをご覧になれているあなたも何らかの症状をお持ちではないのでしょうか?例えば足がツッパル・腰臀部に違和感など、その他にシビレ感や早朝時に違和感など左右寛骨と仙骨が歪む事でアンバランスが起こります。

当サイトでは、専門家として豊富な経験を基に腰の痛みの本当の原因やその対策・改善法など仙腸関節へのアプローチを独自にお伝えしていきます。

どのような要因からアンバランスが起こるのか?

主に、腰に負担が掛かる立ち仕事や、デスクワークなど長時間同じ姿勢をとるとバランスを喪失し歪むのではないかと考えられますが、それだけではありません。

例え不良姿勢を続けても全ての方に生じるわけでもなく、痛みは起きない事もよくあります。

主なもには、

一時的なズレは、自身の自然治癒力で回復できますが、その限度を越える衝撃が臀部へ入ったり 回復できる筋靱帯の衰えや血行不良などが重なることによります。

どのような自覚的な症状があげれるのか?

主なものをあげると

これらは、筆者の経験から記載していますが、その他、症状の出方は多種多様です

例えば、今日は痛かったが、今度は膝やふくらはぎがツッパル、それらが治まるったと 思えば、尻周りに違和感を感じるなど、日によって変わったりもします。

主な原因疾患について

一口に、腰痛疾患と言えども、その種類は多く多種多様であると言えます。

例えば、ギックリ腰のように急性に起きる事やランダムに生じるもの、慢性的なものや精神的な影響が加味されたものまで様々であると言えます。

現代医学の最新の医療技術をもってしても、ハッキリとした要因が掴める病気が僅かであるため、レントゲンやMRI/CTなどの画像検査により、背骨の異常やヘルニアが見当たれば固有の病名がつくのが一般的であると言えます。

しかしながら、検査から骨棘やヘルニアによる神経圧迫症状が診らても直接の因果関係があるのどうか判明できない事が多いため一まず、シップや消炎鎮痛剤やリハビリなど保存療法で様子を見る事が多くを占めます。

例え神経圧迫による下肢のシビレや痛みが診られても神経支配領域と一致していなかったり、日によって違和感を覚える部位が違ったりなど、単に神経の圧迫だけからでは説明がつかない事例は沢山あります。

実際には、骨盤が歪み仙腸関節不適合が起こる事で様々な不定愁訴や痛みを起している例が非常に多くあると考えられます。

骨盤の歪み

では、病院で診断してもらった病名と違うの?となります。

たしかに、その病気から腰や下肢の症状が現われているものも実際にありますが、基本的に国内の医療機関では、 歪みによる仙腸関節のズレを診てくれません。

それは、現代医学でも殆んど動かない不動関節と考えられ、その全容が把握できていないからです。

それだけでなく、動きは僅かで非常に複雑な運動をするため、なおその解明が出来ないと言えます。

最も問題なのが、単に歪むだけでなく、それに対応して身体が変化することで、さらにその全容解明を困難に していると考えられます

例えば、身体の重心がズレてしまう事や、背中の骨の変形や膝・股関節の変形を助長していると考えられます。

つまり、、、疾患が特定されても、、、

これらがとても重要になってきます。

ここでは、様々な疾患を取り上げ、それぞれについて、どのように歪みが起きて痛みを生じるのかや、それに対する矯正だけでなく、その後の対策についても記載していきます

ある日、突如として起こるぎっくり腰

突然、ギクッと言う感覚とともに生じた現象で、魔女の一撃とも言はれ、重症例では救急車で病院に運ばれる事もあります。

急性の痛みに対する処置や手技などを独自に紹介。

尻餅・転倒・交通事故など外傷性腰痛

尻餅・交通事故やバイクなどで転倒を過去に経験がある方が後年になって痛みを起す原因で持病化している例が多いと言えます。

ご本人は過去の外傷なので記憶にない事が多いと言えます。

急性に生じる筋炎の筋筋膜性腰痛

慣れない運動やスポーツなどで普段使用しない筋肉を過度に使ったりデスクワークなどでイスに座りっぱなしなどで起す総称です。

その原因や対策・矯正などについて知りましょう。

神経のトンネルが狭くなる脊柱管狭窄症

脊柱管の狭窄は頚部にも起こりますが、ここでは腰部に起こる狭窄について説明します。

脊柱管狭窄症の原因や対策にストレッチについてご紹介。

加齢により骨変形の変形性腰椎症

背骨の変形や骨棘と呼ばれるトゲがレントゲン等の画像で確認出来れば本症の疑いがあります。

脊柱変形であるため変形性脊椎症とか呼ばれたりもします。

ゼリー状の中身が飛び出す椎間板ヘルニア

臀部の下肢の重量感、シビレを起す代表的な病気が椎間板ヘルニアです。ヘルニアがあってもシビレなど下肢症状がない事もよくあるため、その識別が大変重要であります。

下肢にシビレや痛みを生じる坐骨神経痛

臀部や下肢のシビレや突っ張りを生じる総称で、何らかの要因で坐骨神経を圧迫する症状名が本来の定義です。

ここでは、どんな病気が坐骨神経を圧迫するかを解説します。

数ヶ月経過後しても治らない慢性腰痛

持続的に痛みを感じたり、少し良くなったりとランダムに生じ、ある一定期間が経過すれば慢性化を考慮する必要があります。

専門家がどうして持病化してしまうのかや、独自の矯正を解説。

出産経験のある女性特有の産後腰痛

女性ならではの症状である出産後に起こる痛みは靱帯弛緩による仙腸関節閉鎖力の不全状態と密接な関係があります。

出産経験のある女性なら経験者も多いかもしれませんね。

お尻の尖端が疼く尾てい骨の痛み

尾てい骨やお尻の先、あるいは尾骨の痛みとも呼ばれ、この周辺に付着する筋靱帯の過緊張が原因で起きます。

臀部の症状ともに現われるの本症の原因や矯正法をご説明します。

最も多いと考えられる仙腸関節性腰痛

ウイルル感染によるものを見られますが、多くは非化膿性の炎症であり、局部 に限定した痛みが見られのが特徴です。

矯正法や完治しにくいものなど経験を基にご紹介します。

精神的な影響のある心理的・ストレス性痛

近年、注目を集めている説が心理的・精神的なストレスから交感神経の過度の緊張が引き金で生じると考えられています。

実際はどうなのか?専門家としての経験からご説明します。

ベルトやコルセットにストレッチ体操など予防策について

日頃の体調管理だけでなく腰痛予防に運動療法である体操やストレッチとコルセット・ベルトなどの装具があります。

近頃では、量販ストアーやインターネットが普及したおかげで、だれもが簡単に装具を購入できる大変便利な世の中になってきたと言えるでしょう。

手術などで整形外科を受診されている方は、オーダーメードでコルセットを御用意していただいているのですが、そうでない方や初めて装着される方は、どのような物を選べばいいか?仙腸関節をシッカリサポートするのに役立つものはどれか?どのような機能があるのか、、など、自分に合うタイプのものをピックアップする際に迷われると思います。

単に予防目的でベルトを購入しても、調子の悪い時だけ巻いて、調子がいい時や暑い日などは外されている方が多いのが 現実です。

装着している間は、どんな動作をしてもいいわけでなはく着用期間や着脱後に注意が必要な点もあります。

また、歪み長期化により自然治癒する限度を越えてしまっている例では、どんなに長期間装着しても腰の痛みが良くなる見込みなは僅かしかないと言えます。

これは、傾いた家と同じで、いくら補強しても元に戻らないように、正確な仙腸関節の矯正を施してからベルトを着ける必要があります。

運動療法である一般的なストレッチ体操の方法については、テレビや新聞・書籍で見たり病院でも指導される事もあるのですが、骨盤ストレッチについては情報媒体も少ないために、どのようにすればいいのか分からない方々も多いのではないでしょうか?

痛みを起してしまってからでは、実際に役立つ体操は少ないのですけれども、だれもが簡単にできるものや、筆者自身が 効果があると考えるものについて解説しています。

ここでは、それら改善策について4つ後紹介します。

よくわかる骨盤ベルトの選び方や巻き方

予防のためにベルトを購入されても、大方の方は、お腹や腰上部に巻いたり、或いは極端に仙腸関節の締め方が緩すぎたりします。

筆者は数多くの物を購入して試してきましたので、その経験を交えて紹介していきます。

装着時の(目的・効果・期間・注意点など)

コルセット・ベルトともに辛い症状の改善目的で装着しますが、用途が違います。

腰臀部の負担を軽減させたり緩和させる趣旨は同じでも、目的・効果・装着期間などに違いがあるため、それそれについて説明します。
また、注意点や問題点も解説しています。

簡単な骨盤体操をイラストで解説

正常な仙腸関節滑走を確保するために日常生活の中で取り得れて頂くオーソドックスな方法を数種類ご紹介します。

体操をすれば歪み解消になるのかと言はれれば、捻れやズレが軽減することも、そうでない事もあります。

簡単な腰痛体操をイラストで解説

運動療法でポピュラーな体操は日本整形外科学会が推薦する方法やアメリカ整形外科学会の推薦する方法まで違いがあります。

どのストレッチがいいかは、ご自身の現在の状態に応じた方法を選ぶ必要があります。

医師や臨床家による手技療法を腰専門施術家が紹介

骨盤検査方法

国内には、腰痛の改善を目的に仙腸関節に着目しその歪みを解消する手技を取り得れていらっしゃるドクターや臨床家は、それなりの人数がいます。

ホームページなどを拝見しても、それぞれの先生方が、伝統的な手法や、属する団体の独自理論をもとにフィクセーション(可動域減少・引っかかり)を解消する方法 を取り得れていると言えるしょう。

それは、通常の保険医療で施される投薬やリハビリでは効果を実感しにくい、あるいは出来ないと感じていらっしゃる患者さんがとても多い事と、骨盤帯或いは仙腸関節に関しては未だに不明な点が多く、矯正法や治療法が確立しているようで、実際には、どの手法においても歪みを治す完成されたものがないからと言えます。

例えば、カイロでは、長い歴史をもち海外では医療としても認められ幅広く取り入れられていますが、慢性的な腰痛にたいして有効であるエビデンスはあり ません。

国内では、整体が主流でありますが、その矯正方法についは、個人や団体など多様であるだけでなく、実際にはマッサージや筋肉のストレッチ系の手技であったりする事が多いと言えます。

中には本格的な手法で重症の痛みにも効果をあげていらっしゃる先生方も少数存在します。

医師や理学療法士の一部の方ががakaと呼ばれる仙腸関節の可動性を回復させる手技を取り入れて成果をあげていらっしゃいます。

これは、患者さんに対して非常にソフトで痛みが全く無い歪み矯正法であります。

欠点は、あまりにソフトなため関節のズレ度合いが酷い場合や特定のゆがみパターンにおいては、効果があまり期待出来ない点が上げられます。

このような場合には逆にスラストと呼ばれる一瞬力を入れる方法がいいのか?

と言はれれば、そう言うわけでもなく、人間が少々力を入れても仙腸関節が動く事はマレであるだけでなく、逆に関節面を破壊する可能性もあると考えられます。

実際のところ、具体的にどう歪んで?それを、どのように戻すのかになるのですが、このあたりは、どれだけ臨床経験 を積み、その結果をリサーチできているかに掛かっていると言っても過言でなありません。

筆者自身も様々な方法を試してきた経緯がありますが、それは真剣に取り組まれていらっしゃる先生方も同様ではないかと考えられます。

下記の方法は理論的にも妥当性が高く多くの施術所でも取り入れています。

カイロプラクテック整体

国内では評価は様々ですが、世界的には現代医学の不得意な分野を補佐する徒手療法として有名です。

整体も殆んどがカイロをベースに、一部をとりいれたり、独自の理論と融合させたりしています。

ペルビックアプローチ

アメリカの整形外科医であるダイアンリー氏によるペルビックに関する分析から、検査法から手技について深く著しています。

整合性のある理論もありますが、矯正法ついては不明な点も多いと言えます。

構造医学

生体潤滑理論を柱としているのが構造医学で、重力下おける不断の動きのなかで仙腸関節接合面が安定した動きをします。

重力による抗力が上手く作用しないと、伝達機能が不全となり人体に様々な悪影響を及ぼします。

AKA療法

この手法は凹凸の法則おけるすべりやころがり運動を正常に導くためのものです。

基本的には医師により実施され、正常な関節可動性を確保すれば殆んどの痛みや不定愁訴は治ると考えられいます

頭蓋仙骨テクニック

まったく刺激を与えず、ソフトなアプローチに徹しているのがこのテクニックです。

後頭部とお尻を結ぶ脳脊髄液の還流障害を解除する特殊な施術で、どなたが受けても気持ちがいいと言えます。

基礎知識

ここでは身体を理解するうえで基礎的な事を知りましょう。

医療関係者ならともかく、そうでない方々には医療で交わされる専門用語が少し出てきただけでウエイブページを 見るのもイヤになると思われます。

椎間板や脊髄神経、筋肉や椎間関節や脊柱や背骨など聞いても、普段の生活で関わりがない限り、思うように 想像が働きませんので、文章自体が意味不明に感じられるのではないでしょうか?

しかし、今患われているい腰痛を少しでも良くしたいと本気でお考えなら、人体について最低限の知識を得ることで、 術者の意図している事や、今後受けられるであろう手技の目的や、その効果についても自身にとって有益かそうでないのか の判断に少しは役立つはずです。

基本的な事柄が頭の隅にでもあれば身体の状態についても理解しやすいと思います。

解剖学的な用語でも容易に理解できるようにイラストを交えて解説していきます。

よくある疑問にお答えします。

ここではよくある質問をてQ&A形式でまとめています。

国内ではゆがみ否定派が多く、筆者も過去はその一人でしたので、当時の疑問点や、だれもが知りたい事項など解答してます。

鍼灸治療

鍼灸は腰の痛みに有効と考えられる頭の先から背中や 手先・足先まで無数にあるツボに刺激を施すことで生体反応を活性化し効果をあげる安全な手法です。

様々な鍼灸の手法をご紹介いします。