TOPページ主な原因疾患 > 産後腰痛

男女の骨盤違い

どうして出産後に腰が痛くなるのでしょうか?

それは女性の骨盤帯に由来しています。

女性は分娩時期が近つくと仙腸関節を補強するために結んでいる多数の靱帯が弛緩すると考えられます。

これは分娩を円滑にするための働きなのですが、出産時に弛緩した靱帯は、その後自然に緊張を取り戻します。

しかし、出産以降に、その機能が円滑に働かなかったり、或いは靱帯が弛緩している時期に腰臀部を捻転する動作を頻繁に繰り返したり、長期間、不良姿勢を続けるなどが誘因で、仙腸関節閉鎖力が弱まり歪が生じます。

閉鎖力が弱く不安定な時期が続くことでバランスを喪失し、正常な運動は阻害され上体荷重と重力、それに抗う力をタイミングよく伝達できないばかりか、運動能力も低下し筋群や靱帯に緊張をもたらす結果、痛みを招きます。

このように仙腸関節周辺の筋群や靱帯の異常緊張により痛みを生じると考えられます。

自宅での養生の仕方やベルトなどご自身で出来る予防策について知りましょう。

まず、ご自分で行う産後の対策で最も大切なのは、極力「腰臀部にネジレ」が入らないように気をつけます。

例えば、足を組んで座ったり、女の子座りや長時間同じ姿勢を続けたり、自転車に乗ったりなど、不良姿勢をとる事は禁物です。

産後は仙腸関節を補強している筋靱帯が弛緩している状態で、上記のような動作を繰り返すことが続けば、靱帯の安定化が損なわれ、歪みが治まり安定的に締まるまで、長期間要する可能性があるばかりか、腰臀部を捻る動作を安易に続けると慢性化の引き金にもなります。

骨盤に負荷の掛かる動作を控え仙腸関節面の閉鎖力をさらに上げるためにベルトの着用で安定させます。

ホームセンターやドラッグストアーなどに行けば、痛みの予防に用いる産後骨盤ベルトは多くあります。

骨盤ベルトは市販されているもので十分補正できますが、あまり安価なものやゴム製で伸縮が良すぎるのは、仙腸関節をを締める用を成しませんので気をつけましょう。

但し寝るときは外して、日中でも苦しいようなら少し緩めて着用するかになります。
また、ご自宅において、殆んど腰を捻る事がないなら、装着しなくても大丈夫です。

装着時に、どうしても苦しく我慢出来ないようなら着用は控えましょう。

外出先などで、装着時に身体的な負担が大きく無理ならば、上記で示した日常での姿勢には十分気をつける必要があります。

しかし、平地での歩行等は全く問題がないので、出来れば一日30分程度は散歩がてらに歩くのもいいです。

次に、予防で最も注意していただきたいのは自転車です。
出産を経験した後に生じる痛みは左右の寛骨と仙骨を補強している靱帯が弛緩している事が一因ですから、自転車にマタガるとお尻の坐骨結節部分でクサビを打ち込んだ状態になり、閉鎖力が減弱した仙腸関節の引き離しが更に強まりますので十分に注意しましょう。
また、ベルトを締めていれば、スポーツや激しい運動、自転車漕ぎなど何をやっても大丈夫なわけではなく、あくまで自然に戻る力をサポートしているだけですので、体を動かしすぎたり、過度の捻り入る動作があれば、殆んど 効果がなくなるために、装着していると言えども安心はできません。

特に整体院やカイロなどで歪みを調節してもらった直後は、非常に不安定な状態と言えます。

コラム:長期に渡って痛みが緩和しない際は根本的な骨盤矯正が必要です。

ひとまず上記の方法を継続する事で出産後の痛みは緩和してくると考えられます。

しかし、一向に良くならない場合や、長期間ベルトをしても改善の兆しが見られない時には、産後骨盤矯正を専門的に扱ってる施術所において治してもらいましょう。

まずは、近隣の整体やカイロプラクティックなどに問い合わせてみてください。

初期の段階なら矯正後にベルトを着用し無理な姿勢をとらなければ完治する確立が高いはずです。

疼痛が長期化している例や良くなったり悪くなったりを繰り返す例では、骨盤の歪み固定化の可能性が高いため、保存的な療法では自然治癒する確立は非常に低くなります。

もし一時的に痛みが緩和しても、股関節や臀部に違和感が残っていたりすれば、歪み自体は解消されていないと考えられますので、いつぶり返すかわかりません。

強い痛みは引いても、下記の様な症状が長期間に渡り解消しないようであれば、捻れが回復していない可能性が高いために 早い目に歪みを解消する必要があると考えられます。

  1. 腰臀部の辺りが思だるいように思う。
  2. 前かがみや動作時に太ももの後やふくらはぎが突っ張る
  3. 臀部に広い範囲で時々違和感がある。
  4. 日によって腰に痛みを感じるときがある。
  5. 安静にして楽な姿勢でいると症状が緩和する。
  6. 股関節がたまに痛む、パコ、パコと音が鳴ることがある
  7. 膝関節周りがたまに痛む

単に腰周りだけに症状があるよりも、お尻りりの重ダルサやツッパリを感じる例が多いと思います。

丁度、上後腸骨棘と呼ばれるお尻にある二つのでっぱった骨付近周りを指圧でおして見て違和感を覚える なら、仙腸関節適合不全を生じている可能性があります。

股周りや膝周りが痛む場合でも、この部分を指圧してみてください。

ふとももの裏側の筋肉が突っ張りが単独で生じることもあります
また、経過とともにふくらはぎの痛みや、健側のアキレス腱が異常緊張により肥厚(分厚く)している事もよくあります。

手で左右のアキレス腱を触って厚みが違うなら、重心をうまく両足に乗せれてない事と仙腸関節の捻れによる脚長差から健足側の足首の返しが上手くいってないために生じると考えられます。

これは、出産経験者に最も多い変位パターンで仙腸関節閉鎖力が弱まり寛骨の位置的変化が片側股関節に影響を与える事で出現します。

何れにして固定化状態を放置すれば、他関節にまで影響を与えるため、骨盤の歪みを矯正する必要があります。