TOPページ主な原因疾患 > 坐骨神経痛

よく耳にすることや、書籍などで目にすることがある坐骨神経痛とはいったいどのようなものなでしょうか?これは病名ではなく足部やお尻などにシビレや下肢の突っ張りなどの症状を現しています。

臀部痛や下肢症状はセットで現われる事があります。

初期の段階で原因を摂り省く治療により消失する可能性が高いのですが、例えば発症から数年など長期に渡ると腰痛は改善されても下肢のシビレ感やツッパリだけが残ってしまう事も珍しくありませんので、早期に病院受診が必要です。
また、 骨盤帯の歪みからでも同様の症状を呈する事があるため識別が必要です。

保存療法でも改善されないようなら、骨盤帯の歪みによるアンバランスから筋緊張を生じ、それにより神経を刺激している可能性が高いため、矯正により改善が見込めます。

坐骨神経痛 SLR検査

下肢のシビレやツッパりを起す主な病気について知りましょう。

足のシビレ感やツッパリに重量感などの症状を引き起こし、坐骨神経を圧迫する主な病気について解説します。

腰椎椎間板ヘルニア

椎間板ヘルニアは椎間板の中にある髄核とよばれるゼリー状の物質が何らかの原因で、外に飛び出すことで神経を圧迫すると考えられています

変形性腰椎症

変形性腰椎症は椎間板の加齢による変性で弾力性が低下することで椎間腔の高さが減少し、線維輪が外周にせりだすことで神経を圧迫し、痺れ、突っ張りがでると考えられています。

腰椎分離・すべり症

すべり症は腰椎4番と5番の間に発症する事が多く、腰椎4番が前方に移行する事で、その間にある椎間板もすべり、腰神経を圧迫するのではないかと考えられています。

脊椎すべり症は女性に多く、男性の4倍以上だとされます。

本症では、脊柱の前彎傾向が顕著に現れやすく、そのため椎間関節の炎症や脊柱起立筋 の拘縮による痛みも併発しやすいと考えられています。

腰部脊柱管狭窄症

脊柱には、椎間孔と呼ばれる鉛筆ほどの太さの中枢神経が通る孔があります。腰部では椎間孔の中を馬尾神経が走行していますが、この孔が何らかの原因により狭窄され、そのため腰神経が圧迫され種種の症状を呈するのが脊柱管狭窄症です。

梨状筋症候群

梨状筋の筋膜の炎症、筋痙攣、肥厚などが原因で坐骨神経が絞厄され下肢のシビレや突っ張りを起すことがあります。

実際には骨盤変位により梨状筋の緊張から圧迫され炎症が起こるのではないかと予測できます。

梨状筋が異常な緊張を引き起こす原因は、殆んどが骨盤帯の捻れで、仙骨と大腿骨頭を結ぶラインの短縮や伸張、仙腸関節の滑走不全において容易に生じます。

梨状筋は坐骨神経と大変密接な関係があります。
それは、この筋が骨盤帯にある仙骨前面から起こり大坐骨孔をくぐり 臀部に出ますが、坐骨神経も仙骨の全面を通り同様に臀部にでます。

このように非常に密接した位置関係からも梨状筋の炎症・肥厚が容易に下肢のシビレやツッパリを感じるのです。

内臓性・血管性性

腎臓や骨盤内臓器の障害、小腸の病変、腫瘍や前立腺なども下肢のシビレやツッパリを生じる事があります。

腰の痛みやシビレ感が脊柱の運動により悪化しない、または、安静にしていても痛みが軽減しない夜間痛などがある場合は内臓性病変の可能性がります。
腹部の動脈瘤や側部の閉鎖性動脈疾患などでも考えられます。もし患側の動脈に拍動の減弱や・消失の所見があれば精密な検査を受ける必要があります。

保存療法を継続して痛みが緩和しないなら骨盤帯を診てもらいましょう。

どうして下肢の突っ張りやシビレなど坐骨神経痛が起こっているのか、まずは病院を受診しましょう。

原因が特定出来れば、それに対する処方箋や消炎鎮痛剤(内服または外用薬)などが中心となります。
保存的な療法で改善が見込めないようであれば、原因疾患に対して手術も行われます。

もし、投薬を続けてもシビレ感や下肢の痛み突っ張りが軽減しないようであれば、一度近隣にある施術所に問い合わせてみましょう。

上述のように、骨盤の捻れにより容易に梨状筋の過緊張を招きますので、歪みを矯正することで神経の圧迫を緩和することがあります。

下肢の緊張が酷いようようなら運動療法も一時的には予防効果があると考えられます。

しかし、シビレを感じ出してから、数年経過すると、どのうな対策や矯正を施しても完治させる事が困難になります。

解剖学

仙骨神経叢から出る人体最大の末梢神経が坐骨神経で脛骨神経と総腓骨神経を併せたものを示しています。
この末梢神経は腰神経と仙骨神経が臀部で束になり足部にいたるまで分布し、主に下肢の運動制御を司っています。

具体的に説明すると、第四腰椎神経から第三仙髄神経で構成され、梨状筋の間を通り大臀筋を出て、大腿後方を下り、膝の上方で脛骨神経と総腓骨神経に分かれ下肢から足首に分布します。

脛骨神経は坐骨神経からわかれた後、膝窩から下腿深部を走り、足の低屈に働く筋を支配しています。

総腓骨神経は坐骨神経から分かれた後、腓骨頭の外側を通り、外側腓腹神経を出した後、浅腓骨神経と 深腓骨神経に分かれ、足の外反に働く筋や背屈に働く筋を支配しています。