TOPページ > ホントに?腰椎椎間板ヘルニアの痛みですか?

実際、腰椎のヘルニアが真の原因で腰痛や坐骨神経痛によるシビレを起しているのはいったい何パーセント位なのでしょうか?

一説には整形外科で行われる手術療法と理学療法では、10年後の成績は殆んど変わらない、手術のほうが短期的には効果 があがるが長期的には殆んど変わらず改善されるとされています。

筆者自身は、これがホントはどうかなのかは分かりません。

専門の医師や医療関係者なら、上記のような結果はご存知なのかと思います。

腰の痛み

たしかに画像診断から診断されても全く痛みがない方もいらっしゃいます。

また、ヘルニアで侵されている神経の支配領域にでる感覚異常やシビレと全く関係のないところに痛みやツッパリを感じられている方を、筆者も割と多く診てきました。

近年では、手術をする事は少なく、私生活に支障をきたす痛みや馬尾症候群などの出現例を省いて殆んど保存療法が適応されるようになってきいます。

重症例では圧迫だけでなく神経の周り生じた炎症がもとで癒着が起こるために、それを除去する手術で改善が見られる場合もあるようです。

但し、足の感覚が全くないや、杖なしでは歩けないなど保存療法で改善が見込めない例や、術後も改善が見込めない方が対象となっていますので、日常生活に支障がない方や保存療法で緩和されている方は基本的には適用外となっているようです。

しかし、癒着を摂り省いても腰痛が変わらない方がいるのも現実なようです。

このように腰椎のヘルニアから生じていると考えられる坐骨神経痛やシビレは、未だに根本的な原因がわかっていないために、対症療法が中心となってしまいます。

その他、腰部牽引による保存療法があります。

牽引は、殆んどのリハビリ室に設置していますので、比較的によく使用されていますが、その効果は定まりません。

牽引が効果があると証明されたことはありませんが、腰を引っ張ってもらっている間は気持ちがいい ため希望される患者さんが多いと言えます。

民間療法では、整体・カイロプラクターなどマニュピィレーションによる脊柱療法が代表で、本症に対して積極的に取り組まれている施術家は多数あります。
ただ、神経痛やシビレにたいして良い成績をあげているかといえばそうではありません。

マニュピィレーションやモビライゼーションが、病院における保存療法と比して効果的であるとは科学的に証明されたことは一度もありません。

たとえは背中の骨のズレが触診と視診で確認できたとしても、背中の骨のズレとは何の関係もないことがわかっています。

背中の骨の何番がおかしい、背骨がズレていると言はれた患者さんがこの療法でどの程度改善されているのかは疑問です。

筆者自身も中高年の患者さんで背中の骨のがズレていても全く腰痛などない方を診て来ましたし、ある程度 ベテランの術者なら、その事はご存知です。

骨盤矯正も同様で科学的なエビデンスはありません。

足の長さが違う、骨盤が開いているなど気にする術者もいますが、生まれつきおかしいのか、左右どちら側がどのよう におかしのかになると非常に曖昧なまま行われています。

筆者自身における過去の臨床経験でも一時的にヘルニアが改善されても、また再発する確立が高いのです。
運がよければ長期悪化しない場合もありましたが、仙腸関節が原因とわかっていても、どのように変位しているのか具体的に把握できていないため施術指針を立てれないのです。

このような事実は、この業界では半ば公然で、施術を施している当人がよくわかっていない場合が非常に多いため、時間がかかる、とりあえず通院してくださいとしかいいようがないのです。

真の原因がいったに何であるのかを見極め最適な治療方法を選択する事が必要です。

近年では椎間板のヘルニア診断を受けても骨盤帯にある仙腸関節機能異常から神経痛や下肢シビレが出現している例が多く、それに対する適切な手技で効果があることがわかっています。

医師や理学療法士の間ではAKA療法、施術家の間では関節包矯正療法や仙骨手技療法など様々な呼称がありますが、基本的な考え方は同じであります。

仙腸関節の引っ掛りで正常な運動が阻害され、神経痛やシビレ症状などを呈します。

筆者も、臨床経験からこの関節の可動性を取り戻す治療が最も効果的で、これまでの民間療法に比べ格段に改善率は高いと言えます。

たしかに、仙腸関節の動きを正常に戻せば腰下肢神経痛は緩和すると、この療法を取り入れていらっしゃるドクターや施術家も経験上理解されています。

実際に医師の施すAKA療法だと治療を申し込んでも数ヶ月待ちはザラです。

もともとこの治療法は骨盤に変位がある状態から、徐々に正常な関節すべりを取り戻す方法なので、変位の状態が元に戻ることもありますが、基本的には骨盤が変位した状態でも徐々に動きを正常に近つけるソフトな方法と言えます。

骨盤帯への施術法について

施術法

病院で画像診断からヘルニア脱出が認められても実際に腰痛や神経痛は骨盤の歪みによる仙腸関節の捻れらきている例が多くを占めています

AKAと呼ばれる関節可動域を改善する治療は比較的多くの腰下肢痛に改善効果はあるのですが、そうでない場合の識別が出来ない問題です。

ある骨盤変位のパターンにおいては腰痛に対し効果的でなく、それどころか悪化する事があります。
筆者自身は大別して三つのパターンにあてはまる例では一時的な効果しかないか、もしくは悪化すると考えています。

その中の一つをご紹介すると、寛骨が後方回旋しているパターンです。(上図参照)

寛骨の後方回旋が原因で腰下肢痛やシビレ感が生じている例では、骨盤の矯正を施しても数日から数週間程度しか効果がなく、繰り返すことで徐々に仙腸関節面損傷の固定化もしくは閉鎖力不全を引き起こすと考えます。

坐骨神経痛やシビレを起す椎間板ヘルニアの矯正法を参照

この状態が仙骨側からの矯正で正常になること無いと考えられますので、別の方法が必要になります。
つまり、正確な骨盤の状態と、それに対する適切な矯正法が必要になります。

椎間板ヘルニアメニュー