TOPページ > 脊柱管狭窄症治療の前に

これから、手術を受けようかとお考えの皆様へ

今現在、病院で薬物療法を続けていらっしゃる方や、脊柱管の狭窄症にたいする手術が必要とされる例においても 一度は骨盤帯を診てもらい徒手療法を試してみる事をお勧めいたします。

歩くと足が突っ張り痺れる、腰をそり返すと痛みが増すなど狭窄で起こるの代表的な神経圧迫症状ですが、仙腸関節の機能異常でもほぼ同様の症状が現われます。

手術によって改善される場合もありまが、改善率は50パーセント位だとされます。

手術適用を否定しているのではなく、手術は患者さんにとっても身体に大きな負担がかりますので、身体に負担のない方法で改善されれば、患者さんにとって有益であります。

骨盤帯の検査から仙腸関節に捻れがあるかどうかは判定可能です。
また、仙腸関節不適合が発見され、適切な矯正により捻れが解消されても症状が以前と全く変わらない場合は、本症であると考えられますので、それからでも処置は遅くありません。

患者さんにとって一般的な治療法はシップやお薬りなど保存療法か手術と両極端な選択となってしまう事が多いので、手技よる方法はその中間と言えるのではないでしょうか。

背骨や骨盤帯に対する手法

腰椎のズレ・変位から神経の出口やその付近で神経・血管障害による痛みや筋緊張など体幹のアンバランスが生じ脊柱で狭窄症を起していると考えますので背骨の歪みズレ・可動域の低下から関節運動の低下している部分に対し、強弱をつけた矯正を行っていきます。

一般的に運動力学的な機能異常と神経異常の二点を解消する目的で行われる手技による背骨・骨盤への改善法であります。

西洋医学的にも神経機能の影響する殆んどの問題が、腰椎と仙骨にある関節の上部にあるため、特に腰椎にかかる 運動力学的な機能異常を解消する目的で手技が行われます。

簡潔に5つ紹介します。

手技

  1. 患者さんを側臥位して、狭窄の生じていると考えられる腰椎に直接アプローチしていきます。可動域の改善を狙う腰椎を直接引っ張るのではなく、術者の重心を前下方に移動するテコの原理を利用します。
  2. 具体的には示指・中指・薬指の指先を棘突起に接触し上方手で患者さんの肩を固定し、下方術者下腿を大腿部に接触させ力を入れるタイミングと併せて重心を移動することで腰椎の可動域を改善します。

  3. 腰椎と骨盤帯の連結部分を介して回旋や側屈・伸ばす(伸展)。手技は可動性を確認し状態に応じて 強弱を決めます。
  4. 患者さんをうつ伏せにして、術者の手のひらを仙骨棘突起にあて、下方に圧をかける事で脊柱の前後方向のすべりを回復し可動性を取り戻す。
  5. 障害のある腰椎に直接的に施すのではなく、骨盤帯を介して障害のある腰椎にアプローチしていきます。 術者がお尻の部分を押さえ込むのではなく、全下方に重心を移動することで力を加える方法です。
  6. 患者さんをうつ伏せにして、腰椎の可動性を回復していく方法です。この手法は患者さんの状態と各関節の可動域のを確認しながら行っていきます。

現在施されている民間療法について

骨盤帯の変位により骨性トンネルの狭窄症同様の症状を呈する事から、仙腸関節の正常な運動を取り戻すことで、治癒または改善が見込めます。

真の狭窄が原因なら骨盤を触ったくらいでは変化はありませんが、筆者の経験上、骨盤由来のケースが多いので、病院で保存的な療法を継続しても改善されない、少しでも良くしたい、保険医療以外でのアプローチの望みを託している患者さんもいらっしゃいます。

そのような患者さんが施術を受けられるた場合は主に背骨・骨盤に対するアプローチを多くの施術所では取り入れていると言えます。

実際に筆者も背骨に対するアプローチを一時行っていましたが、一時的には良くなっても、やはり数日で痛みが生じたり、 全く効果がなかったり、よくなる方もいらっしゃいますが患者さんにより治療効果の判定が容易ではありません。

多くの施術家や治療家はこの療法で、この歪んだ背骨や骨盤を正そうと試みていますが、それはあまり上手くいっているとはいえません。

一時的に痛みが取れて狭窄が改善されたように見えてもしばらくすると痛みが戻ってしまうのです。

多くの施術家はこれを「戻り」と称して何度も繰り返して施術を受けることで、安定した状態が保てると説明しています が、果してそれが正しいのでしょうか?

人体の土台はどかといえば、骨盤です。

腰椎カーブの湾曲度がこの傾斜角度で決まることは、整形外科の世界でも良く知られています。

仙腸関節をを正しい状態にすれば背骨のみならず全身のバランスが自然と整い腰痛などの不良が改善へと向う事が筆者の臨床経験からも判明しています。

手技による脊柱管狭窄症の治療法では、筆者の経験から2種類の方法について解説していきます。

腰部脊柱管狭窄症メニュー