TOPページ脊柱管狭窄症治療の前に > 腰部脊柱管狭窄症の治療・外科手術

整形外科では薬物療法が中心で症状が酷い例で執り行われる手術療法について

安静による改善率が腰部で起こる脊柱管の狭窄症では高いので、プロスタグランジン製剤など 消炎鎮痛剤や血流を改善させる薬物療法や一時的に痛みを緩和させるブロック療法が主に用いられています。

一方の馬尾型と呼ばれる例では、安静にしていてもシビレだけでなく頻尿や残尿感を伴い股の間(会陰部)にもシビレ感があるような場合は専門病院で適切な治療が必要となります。

馬尾型では外側にある神経だけでなく中央にある神経にも障害が及んでいる可能性 もありますので、単に安静にしていても良くなる見込みは殆んどありません。

もしその状態で放置していると圧迫される神経も長期間に及ぶことになります。

そうなると 、どうのうような治療を受けてもシビレ感だけは残る確立が大変高くなってきます。

椎間板ヘルニアでは自然治癒が見込めても脊柱管の狭窄では椎間板のヘルニアと異なり狭窄は骨性の圧迫が主体なので保存療法 で一時的によくなっても再発しやすいと考えられています。

初期の段階では歩行パターンがおかしいことに気がついても、歩行距離や歩行時間に制限がみられなく、軽度のシビレなら日常生活も問題なくすごせるので、どうしても整形外科等への受診が遅れることになります。

手術においても、脊髄や馬尾神経を直接回復させる方法は存在しませんので、神経の圧迫を開放して神経機能が改善しやすい状態に変えることになります。

下垂足のように筋力の低下がハッキリとわかる状態では、神経障害が高度になっていると考えられるためにたとえ手術をおこなっても下垂足の根治は困難であると考えられています。

このように筋力低下がみられる場合は医師と相談の上、外科的処置もしくは装具療法なども考える必要があります。

但し、狭窄の状態や期間により手術をしても症状がとれるわけではありませんので、 専門医と十分ご相談の上、判断する事が大切です。

下垂足とは

下垂足とは、重力に抗ってつま先を上方に上げる動作を行おうとしても思うように力が入らなく足先がだらりと垂れ下がってしまう症状を言います。

足首からつま先が垂れ下がっているためにつま先の上がる具合が足りなく、下段などの段差があると引っかかって転びやすくなります。

神経症状が初期で仙腸関節や腰骨のアライメントが原因なら

整形外科等の保険医療機関における画像診断から脊柱管の狭窄と診断されても、腰下肢症状が骨盤帯の変位による仙腸関節の滑走不全で生じている事もありますので、その場合には整体やカイロなど腰痛を得意にしている施術所で適切は方法で改善が見込めます。

デルマトーム

骨盤の歪みによる変位が生じると股関節や仙骨・腸骨・脊柱の位置関係も変化します。
これは静止時だけでなく動作時にも影響し、これらを繋ぐ体幹や下肢に付着する筋・靱帯の緊張状態を引き起こし、歩行などの動作時には関節面の滑走が正常に機能しないため、その減少を股関節の変位や脊柱の湾曲で補い、筋緊張や靱帯の肥厚を生じる結果になり ます。

狭窄症自体、一般的に骨性ですが、骨盤の歪みによるものは仙腸関節性と言えます。

徒手により関節が左右とも正常な動きを取りもどすことで、仙腸関節の捻れも解消され、それらによる神経圧迫症状も取り省くことが可能です。

しかし、左右同等にシビレや腰痛が進行している、或いは馬尾症状がみられる例では捻れとは関係ない可能性 が高いと言えます。

狭窄は主に骨性でありるため、基本的に症状の変化がそれほどないか、もしくは徐々に悪化していくと考えられます。

もし痛みやシビレが解消されたり、出現したりと不規則に起こる場合は本症によるものではなく仙腸関節の異常による可能性が高く、適切な方法において改善の可能性があります。

狭窄症状で現れる下肢の痛みやシビレについても、早期より左右差のないシビレ感は仙腸関節機能不全では考えにくく、お尻の下を通る坐骨神経が関節不全や股関節を結ぶラインの位置的変化による筋緊張から圧迫されているにしても左右同時に進行する事は 、筆者の経験上、過去に外傷等、強い外力が働いていない限り考えられません。

但し、博田節夫先生もご指摘のように、仙腸関節性の痛みは、デルマトーム上での痛みに完全に一致していないため、 支配神経領域と一致しない感覚異常があれば徒手により改善される場合もあります。

それと筆者の臨床例でも馬尾症状の出現している患者さんに仙腸関節の捻れを解消しても治りません。

仙腸関節不全や、筋緊張による圧迫からだけで、自律神経や陰部神経が侵されていることは、よほど酷い外傷でもない限り考えられないため、適切な病院で早期に受診される事が肝心です。

腰部脊柱管狭窄症メニュー