TOPページ > ベルトやコルセットに体操など予防策

はじめに

日本における腰痛の有訴率は男性では1位、女性では肩こりに次いで多く、生活習慣病として、とても多くの方々を悩ませています。

これだけ多くの方々を悩ませている腰痛ですが、その殆んどが生命に危険がなく原因も特定出来ていません。

そのため、一般的に保存療法による治療が行われていますが、腰痛の予防や改善目的で装着するコルセット(腰痛ベルト)や骨盤ベルトは市販されているものも多く、もうすでに着用されている方もいらっしゃるのではないでしょうか?
また、今後購入をご検討されている方も、どのような基準で選べばいいのか、どのようか効果があるのか等、疑問もあるかと思います。

単に、ベルトは単に装着しているだけではいけません。

どのような目的があるのかや装着期間など、ご購入する上で最低限必要な知識について解説しています。

腰痛を軽減させたり、再発させないための運動療法に骨盤体操と腰痛体操があります。

本来は、腰痛を起さないために日頃から予防策として運動療法を取り入れるのが理想です。

現実的には痛みが生じてから考えられたり自宅などで実践されます。

すでに腰痛を起してしまってからでは、あまり効果は期待できませんが、 関節の可動域か改善したり筋肉を柔らくしたりする事は可能と考えられます。
また、運動療法による肉体的・精神的ストレスを軽減できることも予測できます。

但し痛みが酷い場合は無理をしてまでする必要はありません。

ここでは、それらのやり方についてもイラストで解説 しています。

骨盤ベルトの巻き方と

近隣の量販店などでも多くのベルトを揃えていますが、きっちりと締める事ができるものは少ないために選ぶ際には、このページをご参考にして下さい。

初めて装着される方は、幅広いものを購入される傾向がありますが、逆に仙腸関節の閉鎖力を 弱めてしまいますので、臀部をシッカリと巻けるものを選ぶ事が大切です。

筆者自身がこれまで、多くのベルトを購入して患者さんに試して頂いてきましたので、 巻き方につても、ご参照下さい。

骨盤体操をイラストで解説

一般的には、体型補正や美容目的で行われてこともあるのですが、最も大切なのが、仙腸関節の正常な 滑走を取り戻す事です。

運動療法である骨盤矯正の体操は腰痛体操と共通する部分も若干あるのですが、基本的には違います。
巷では様々な方法が喧伝されてますが、正常な仙腸関節の滑走と可動域を改善するために役立つものは僅かです。

筆者自身が効果があると考えられるスクワット形式のものを中心にイラストを交えてご紹介します。

腰痛コルセットと骨盤ベルト

ともに腰痛を緩和させるために着用しますが、基本的に使用方法は異なります。
コルセットが主に腰部を保護するのに対して骨盤ベルトとは臀部にある骨盤帯を保護します。

それぞれの目的・効果や 装着期間の注意点などについて解説しています。

腰痛体操をイラストで解説

一口に腰痛体操と言えども、その方法には様々な種類があります。

毎日、体操を続ければよくなるわけではありませんが、継続する事で筋緊張の緩和や、精神的ストレスの解消にもなります。

ここでは、自宅でも短時間で気軽にで出来る方法について最もポピュラーなmckenzieやPheasantなど三種類をイラストで解説しています。