TOPページベルトやコルセットに体操など予防策 > ベルトとコルセットの目的等

主な目的について

手術後の腰椎の不安定性の予防や骨癒合のサポート、症状の緩和・軽減と予防が主な腰痛コルセットの目的です。

コルセット種類

ハードコルセットは、その名の通り硬性となりますので、腰椎の運動をブロックする事を基本としています。

金属製の支柱が入っているダーメン式コルセットは痛みの軽減を意図しているため、慢性化した症状を緩和するためにも使用されたりもしています。

よく目にするダーメン式タイプのものですが、効果があるのか?どうかですが装着していると可動域が制限されますので、痛みの出る姿勢をブロックするため有用な点もありますが、根本的の役立つかどうかは、特に慢性化したものでは人それぞれで、大半は整形外科などで勧められるため使用している例が多いと言えます。

骨盤ベルトは仙腸関節を固定する事で、腰痛や臀部痛、下肢症状を緩和する目的で使用されるのが一般的です。

その他の用途では、体型矯正や美容目的などでもよく使われています。

どちらかと言えば、補整目的でベルトを着用されるパターンが多いと思われますが、本来は仙腸関節 をしっかりと締めるのが本来の目的です。

腰椎補強に効果的と考えられるベルトとコルセットには、違いがあります。

腰椎の分節運動と一方向の運動制限に効果的なのが腰痛コルセットになります。

腹腔内圧が高まることによって腰背筋への負担を緩和させます。

日常生活で、強制的に動きを制限し保護するのに効果的と考えられますが、その有効性は確定していません。

一方の骨盤ベルトは症状の軽減と腰臀部の捻れ応力を軽減させる効果があるので装着することで意識的にに捻れ動作を控えることにも役立ちます。

最も重要な効果が、骨盤歪み補整による仙腸関節の閉鎖力を上げる事による負荷の伝達です。

上体からの荷重や重力と下肢からの反作用が上手く仙腸関節関節面へ伝えられ、それに付随する腰部・臀部・下肢に連なる筋・靱帯の働きをより正常に近つける働きが期待できます。

装着する際に気をつけるポイントや期間について

手術後の脊柱の安定性によってコルセットの種類や装着期間は異なってきます。

これは、医師の判断にもよりますが、通常は2~3ヶ月程度、骨移植後なら半年程度が目安となります。

手術は受けていないが、持続的に痛む際には、仕事中や動作時だけなど特定の期間を定めることなく装着されている例も多いと言えます。

腰部の可動域を制限してしまうため、基本的に術後は中腰等も厳禁になります。

主な装着時の注意点は下記の通リです。

  • 転倒しないようにする。
  • 重いものは持ち運ばない
  • 着脱はイスやベットのど腰掛けて行う。
  • きっちりと身体にあっているか確認する。

上記の点を守り、取り外す場合においても、装着した状態と同じように 腰に捻らないように気をつける必要があります。

術後など決められた期間がある場合には必ず装着し、どうも身体に合わない、痛みが酷くなる、皮膚の異常が出現した際には、主治医にご相談しましょう。

単に腰痛対策のみで使用されているなら、腹筋等など筋力の低下を招きかねないので、やみくもに装着するのは控える必要があります。

一時的に痛みを緩和させるのと治すのとは別問題になりますので、長期着用の際は、十分注意が必要であると言えます。

一方、個人的に購入されるのが大半である骨盤ベルトは症状が緩和するまでや痛みがあるときだけなどに装着されている事が多いと言えます

本来は、仙腸関節が正常な動きに戻してから、歪みが生じる可能性が殆んどなくなり安定的するまで使用します。

その期間は個人差やズレの状態、ズレが生じてからのどの位経過しているかにより、1ヶ月~半年程度と言えます。

但し美容矯正や体型補整で使用される場合においてはこの限りではありません。

装着時、お腹を圧迫しすぎて、便通などに影響を与える可能性もありますので、自宅や就寝時には外しても構いませんが、コルセット同様に、腰部~臀部に必要以上に捻る動作を制限する必要があります。

主な注意点は下記の通りです。

  • 外出時は極力、エレベーターやエスカレーターを使用する。
  • 重たいものを持って長時間歩かない。
  • 自転車には乗らない
  • あぐらをかいたり、足組みをしない(女性なら女の子座りをしない)

大きくズレが生じている状態では装着を長期間続けても、歪みが解消され正常な仙腸関節の運動を取り戻す可能性は大変低いためにその点も注意が必要です。

長期間装着しても、腰の痛みに変化があまり見れない時や、一向に改善されないようならば、骨盤の歪みが固定化していると考えられます。

問題点

近年では、通気性もよく軽量化されたコルセットになってはきているものの、患者さん側からするとどうしても動きが制限されてしまいますので、その点がネックになります。

特に症状の緩和目的だけで使用されていると、お仕事中などは外しがちになってしまいます。

逆に長期間装着し続けると腹筋の弱体化をまねく恐れがあるため注意が必要です。

動きが制限される事がネックになるのは骨盤ベルトも同様で動きにくいために、 腰痛がある時にだけ着用し、痛みが少しでも緩和したなら外してします。

それを繰り返される方も非常に多いと言えます。

また、頻繁に着脱を繰り返していると最終的には面倒になったりします。

その他、トイレの度に取り外す必要がありますので慣れるまで面倒である。

また、夏場になるとどうしても腰・臀部が蒸せてしまうデメリットがあります。

特に暑がりの方には夏場は、とてもつらい季節であると想像できます。