TOPページベルトやコルセットに体操など予防策 > 骨盤ベルトの選び方と巻き方

腰専門施術家の経験から効果のあるベルト選びをアドバイス

腰痛がどうやら骨盤のズレからきているのではないかと考えられたり、整体院や整骨院などでズレていますね、、と言はれ、市販されているベルトをドラッグストアーなどで買い求めにいっても、 あまりに種類が多いために、いったいどれが自身に適しているのか、効き目のあるタイプの物はどれなのか迷われると思います。

実際、量販店など行けば安価なものからそれなりのものまで、そこそこ品揃えは豊富で、どれを選べばいいのか迷われて当然であると言えます。

筆者自身も、過去、どの商品がいいのか、しっかりと仙腸関節を安定させ、症状の緩和効果のあるものはどれなのか様々な物を購入しては、患者さんに着用してもらってきましたので、ここで記載している事は基本的に信用してもらって結構です。

骨盤ベルト

まず、腰痛予防に役立つポイントを厳選すると下記の通りです。

  • 仙腸関節をしっかり締めれるもの
  • 伸縮性がよすぎない事(すべり止めがある)
  • 出来れば二重ロックになっている物
  • 安価な物は避ける

まず、サイズに注意してください、だいたいS・M・Lやフリーサイズなどにわかれていますので、小さすぎても大きすぎても骨盤帯を上手く締めれない可能性が高くなりますので、自身の体型とサイズがより近いものを選別する必要があります。

量販店で販売しているものは、伸縮性が良すぎるものが多いので注意しましょう。

伸縮性が良すぎるものは、仙腸関節を締める用を成さないために、よく締まる腹巻状態になってしまいます。

通常販売されているものはマジックテープのついた一重ロックが多いので、出来ることなら二重ロックになったものを購入してください。

一重ロックの場合は、しゃかんだり、お腹に力を入れる動作で容易に外れやすいか、マジックテープ部分がお腹に力を入れる動作で徐々にズレて緩んできます。

そうするときっちり仙腸関節を締めれなくなってしまいます。

たとえ二重ロックになっていても、安価なものはそれなりのものなので使えません。

二重ロック部分の両方が容易に緩んでしまいますので、出来ればネットショップなどで5000円以上の物ををセレクトする事がいいと考えられます。

何故、ネットショップがいいかは、量販店より安いのと、より品揃えが豊富です。

ドラッグストアーなどの量販店が全てダメなのではないのですが、品揃えに限りがあるのと、どしてもリーズナブルなものを揃えていますので、いいものが少ない点があげられます。

量販店で販売されている〇〇式ベルトも試してみましたが、マジックテープ部分がすぐにバカになるので殆んどつかえませんでした。

幅については、広すぎるものは必要ありませんので、しっかりと腰臀部部分を締めることが出来るものに しましょう。

初めて装着される方は、幅が広く、広範囲に締めれるものが症状の緩和に効果があるのではないかと考えられ腰部~臀部まで覆うような物を選ばれる事が多いのですが、かえってを締める力を弱めてしまいますので 、幅が広すぎるものは避けましょう。

上前腸骨棘と呼ばれる前面と後面の上後腸骨棘を目安にベルトを巻きます。

腰痛を予防するための適切な締め方については、ネット上にも多数ありますので、 およそのご検討はついておられると思いますが、基本は上前長骨棘にかかるように巻くか、上前腸骨棘の下方に巻くかになります。

上前腸骨棘

仙腸関節の閉鎖力を高める事が本当の目的になりますので関節部分に圧がかかるように締めましょう。

過去にコルセットの経験者や初めてベルト着用される方は、ほぼ例外なく腰やお腹の部分に巻いてしまうので十分注意してください。

頭では骨盤帯を締めると理解していても、腰痛には腰を締めると考えられます。

筆者自身がお手本になってご説明していても、再度 確認させて頂いた際には、お腹周辺の部分に巻いていらっしゃる例が非常に多いのでここでは、その位置を間違えないためにご説明させて頂きます。

ベルトの巻き方

ベルトの巻き方NO2

下記は正しい締め方の手順です。

  1. まず、お尻から回し、臀部の上後腸骨棘部分を覆うように巻きます。
  2. 上後腸骨棘は、臀部にある左右の骨の出っ張り部分です。
  3. その位置から両手で前方にベルトを回し、上前腸骨棘にかかるかやや下方でマジックテープで固定します。
  4. 上前腸骨棘を覆うよう締めると動きにくい事やズレそうな時には、その真下で締めます。
  5. すこし体を動かしてズレないかどうか関節部分を締めているかどうか確かめます。
  6. 安定が保持できていたなら、二段目を強く引っ張りしっかり固定します。
  7. 動作を行い違和感がないか苦しいすぎないか確かめます。

簡潔にご説明すると以上のようになります。

注意点

まず注意して頂きたいのは、お腹がふくよかな方の場合には、強く締めすぎると、腸を締め付けてしまいますので苦しいようなら、緩めるか装着しないほうがいいと考えられます。

苦しいのを我慢しすぎると腸を圧迫し、便通などが悪くなる方も実際いらっしゃるので、無理に締め付ける必要はありませんので気をつけましょう。

家庭内で過ごす際には外してもらっても構いませんが、腰臀部に捻りが入るような動作は極力控えなければなりません。

巻いていれば、運動しても何をしても大丈夫ではありませんので、必要以上に腰臀部に捻りが入る動作には十分気をつけましょう。

装着している間は、動きやすくなったり腰痛が少し緩和したり、初期のズレなら正常な仙腸関節運動を取り戻せる 可能性がありますが、ある程度月日が経ってから装着し、もし痛みが治まっても、完治したのとは別問題です。

例えて言えば、傾いた家をいくら補強しても傾いているのが元に戻ることはありません。

傾きを水平に戻してから補強してこそ安定した住居となります。

これは骨盤帯も同様で、仙腸関節を正常な働きに戻し矯正することで安定的な仙腸関節運動が確保でき、再発することもなくなります。